涅槃

読書ログ。医療や建築、SFなどに興味のある人が書いています。

何もしない遠出が楽しい

f:id:h1den:20170827213053j:plain
 この2, 3年くらいLCCで遠出する機会が多かった。空港から2時間ぐらいで、北は札幌、南は沖縄まであらゆる街にたどり着けてしまう。はっきりした目的はほとんどないし、めったに観光地にも立ち入らない。日中は繁華街の喫茶店でぼんやりしたり作業したり、本屋や服屋を見て回ったりする。日が暮れると、その土地の友人と食事に出かけるか、コンビニで夕飯を買い込んでホテルの狭い部屋にこもることが多い。泊まるのはたいていチェーンのビジネスホテルだ。部屋の内装はどこのホテルもほぼ同じで安心するし、大浴場がついているホテルもあって意外と居心地が良い。
 帰りの便に乗ると、文庫本を一冊読み終わるか終わらないかのうちに空港に着く。遠出のあと乗換案内のアプリを開いて履歴をひらくと、見慣れない地名に埋め尽くされている。一瞬、自分がまだ出先にいるような錯覚を起こすが、それも一興。

 

f:id:h1den:20170827194225j:plain
 最近凝っているのは、高速バスで適当な街に乗り付けて、そこからカーシェアでイオンとスーパー銭湯に繰り出す遊びだ。街で一番大きなイオンのフードコートで昼食を取りつつ隣の人の話に耳を傾ける。飽きたら店内をぐるぐる周って、それも疲れたらスーパー銭湯に向かう。ちなみに、フェイスタオルをスーパー銭湯に持参するとタオル代を取られずに済む。
 イオンもスーパー銭湯も日本中どこにでもあるところが良い。デタラメに選んだ目的地でも探せばこの2つはだいたい見つかる。あと周りの人と距離を置けるところも良い。イオンを一人で周っていても誰にも咎められないし、スーパー銭湯はそもそも一人客がメインだ。一人でぼんやりしていても何も言われず、しかも人との物理的な距離が確保されている空間は心地良い。

 

f:id:h1den:20170828111608j:plain
 そういえば、むかしから観光に対して意味を見出せずにいた。修学旅行や家族旅行で、自らの属性を引きずりながらいつもと違う場所に放り込まれること、観光者としてまなざされることがなんとなく辛かった。慣れない土地で慣れないことをすることが苦手なのもあるだろう。だから、遠出先でしっくり来る時間の使いかたを知って、ちょっと生きやすくなったなと思う。

 あと、いろんな街をふらつくようになって、初めての街でもどこに何があるか見当がつくことが増えた。このぐらいの規模の街は病院や商業施設があのあたりにあって、役所は駅から歩いていけるところにある、みたいな。それが分かると、休みの日どこに人が集まるのか、みんなどこに住んでいるのかなんてことにも想像が働く。もちろん地域差はあるわけで、この差はなぜ起こるのだろうと考えるのもまた別の楽しさがあって良い。

 こういうお金のかからない遊びを少しずつ増やしていけたら、生きていくのも多少は楽しいのかもしれない。良い感じに人生をやり過ごしていきたい。

観光のまなざし (叢書・ウニベルシタス)

観光のまなざし (叢書・ウニベルシタス)

 
みんなの空想地図

みんなの空想地図

 

 

読書リスト(201707)東京DEEP案内、吉村昭、くらたまなぶ

卒論で読書そのものを忘れていた7月…

「東京DEEP案内」が選ぶ 首都圏住みたくない街

「東京DEEP案内」が選ぶ 首都圏住みたくない街

 

東京DEEP案内が書籍化。タイトルや内容はキャッチーかつショッキングだけど、都市の陰の話題(同和・在日・NIMBYなど)をこれから調べようとしている人は一冊読み通すと良いかも。どこに何があって、どういう歴史を辿ってきたか大まかにまとまってるため、調査・研究の道しるべになると思う。

 

高熱隧道 (新潮文庫)

高熱隧道 (新潮文庫)

 

”トンネル貫通への情熱にとり憑かれた男たちの執念と、予測もつかぬ大自然の猛威とが対決する異様な時空を、綿密な取材と調査で再現して、極限状況における人間の姿を描破した記録文学。” 

リクルート「創刊男」の大ヒット発想術 (日経ビジネス人文庫)

リクルート「創刊男」の大ヒット発想術 (日経ビジネス人文庫)

 

じゃらんやとらばーゆなどを立ち上げた人が書いた、サービスの立ち上げにまつわるハウツー本。筆者が顧客のニーズに迫っていく術は引き込まれるものがあって、さながら野生のデザイン思考おじさんa.k.aエスノグラフィーの権化といった印象。あとリクルートに対して、なんとなく得体の知れなさを感じていたのだけど、本を通じてその手ざわりも感じることもできた。

ラブホのバックヤードを見学した

f:id:h1den:20170719154333j:plain

この2, 3年ぐらいラブホテルをテーマに本を作ったり卒論を書いたりしていたら、ついに中身を見せてもらう機会をいただいた。以下、かんたんなまとめ。

場所:渋谷
時間:平日の夕方前。渋谷のラブホ街では一番暇な時間帯らしい。

フロントと客室整備とでパートが分かれている

見学したホテルではフロントと客室整備の2チームに分かれて働いていた。詰所も2つに分かれていて、フロントは1階玄関横、客室整備の人は客室の横にある待機部屋(隠し部屋っぽい作り)。シフトも別々に組まれていた。ちなみに、フロントの仕事は夜勤があるものの女性に特に人気で、募集をかけてもすぐに埋まってしまうらしい。

利用者の動きが手に取るように分かる

ラブホテルはプライバシー確保の観点から、従業員と利用者が顔を合わせなくても済む作りをしている。逆に言えば利用者の動きが見えづらいし、そのまま営業していると防犯上あまりよくない。なので、共用部に死角ができないよう防犯カメラが設置されていたり、客室ドアの開け閉めなどがフロントからモニタできたりする工夫がされていた。面白いと思ったのは、室内のテレビで見られているコンテンツ内容をリアルタイムで管理・集計できるシステム。防犯上というよりはマーケティング観点で活用しているとのことだった。

やっぱり法規制が厳しい

中の人に解説をしてもらいながら館内を周っていて「この部分は法律でこうなっていて〜」という言葉をよく聞いた。卒論を書いていても思ったことだけど、ラブホテルをやっていくうえでクリアしなければいけない法規制は本当に多い。旅館業法や風営法だけでなく自治体の条例もあるし、食品衛生責任者や防災管理者なども置く必要がある。客室に窓を設置しないと旅館業法でアウトだし、いわゆる大人のおもちゃを置くにも風営法の営業指定を受けなければならない。網目のようなルールに現場がどう対応しているのか、リアルな事情を見聞きしてテンションが上がった。

f:id:h1den:20170718235748j:plain

f:id:h1den:20170719000033j:plain

その他雑感

・わりと長く関心を持ち続けた自分ですら、舞台裏が見えない・想像できないことから来る不気味さをラブホテルに感じていた。今回、働く人や動く機械の姿を目にして、その印象が変わった。
・基本、ラブホテルは大きな設備を導入してぶんぶんと回す商売だけど、ところどころブリコラージュ的な創意工夫が見えて良かった。「性愛空間において"繕う"ということ」みたいなテーマで短い論考が書けそう。
・以前から業界誌を読んだり中の人と話したりしていて、健全っぽい印象を業界に持っていた。今回もそのイメージは覆らなかった。業界団体や監督官庁がいる、周縁にたくさんの取引業者もいる。日本の中小企業集団の一つとして業界を捉えると面白そうだなと感じた。
・とはいえ、ラブホへのイメージは一般的にあまり良いものではないと思う。そのネガティブイメージの正体は何か、何に起因するものなのか。新たに興味が湧いたので、卒論が片付いたら調べてみたい。

(写真はすべて今回の見学とは異なるホテルでの撮影)

読書リスト(201706)伊藤計劃、永田カビ、pha

このごろ読書量が落ちてきたので、まずは記録からはじめてみる。

 

伊藤計劃『ハーモニー』
ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

 

再読。この本を最初に読んだのは3年ぐらい前で、あらためてヘルスケアテックがそこそこ盛り上がってる今読むとだいぶ読み方が変わって面白かった。ディストピア小説の最後って、なんとなく暗い終わり方が多い気がするんだけど、ハーモニーのそれは眩しい光を浴びるような最後だしハッピーエンドっぽくて好き。

 

千葉哲也『勉強の哲学』
勉強の哲学 来たるべきバカのために

勉強の哲学 来たるべきバカのために

 

 

 

永田カビ『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』
さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

 
 『一人交換日記』
一人交換日記 (ビッグコミックススペシャル)

一人交換日記 (ビッグコミックススペシャル)

 

レズ風俗というテーマがクローズアップされがちな気がするけど、毒親を子どもがいかにして克服していくかが主題っぽいなーと思った。

 

このあたりの本もいつか読んでみたいな。

www.buzzfeed.com

 

 

 pha『ひきこもらない』
ひきこもらない (幻冬舎単行本)

ひきこもらない (幻冬舎単行本)

 
『持たない幸福論』
 小川さやか『「その日暮らし」の人類学』
「その日暮らし」の人類学 もう一つの資本主義経済 (光文社新書)

「その日暮らし」の人類学 もう一つの資本主義経済 (光文社新書)

 

 下旬のわりとだるくて辛い時期にまとめ読みした。2,3年前だったら絶対に読まなかったジャンルの本。『悲しき熱帯』も苦しみながらなんとか読んだぐらいだし。「丁寧な暮らし」はあんまりピンとこないけど、遠くの人たちがどうやって日々を生き延びているか、自分はどうすれば生きやりすごせるのか、最近ちょっと興味が出てきた。